ホーム

自力でお金を増やすために保険をカット

保険は、家計を支える中心人物が戦線離脱した時、生活費を補充するのに役立つ受け皿で、基本は少額だけで、たくさんお金が入るシステムです。

しかし思い出しましょう。あちら側が儲かる仕組みになっているのが大前提なのです。確率的には、自分や家族の身に緊急が起こるのは極めて低く、だからこそ、サービスは成立します。

ぼんやり漠然とした不安にさいなまれて、あるいは付き合いで、セールス員の言いなりで必要以上に掛けていないでしょうか。理解せずに入ったら、高額を取られて絶対損です。

本当に分厚い保障が要るか、疑います。何年か先におそらく来るだろう病気に備えて安心度を深めておくのは大事ですが、今まさに過ごす、この時がボロボロだと無意味です。むしろ保険料で消える分は貯蓄に回し、何か起きても自腹で賄う事もできます。手元に資金を集める考えに移行します。

たくさん投げ打ってもあまり見返りが期待されない物は、打止めです。昔、好景気時は結構美味しかったのですが、今はさほどではない個人年金タイプはカットです。返戻制度があるなら、割合大きなお金が入ります。

とはいっても全部止めてしまうのは危険で、安く済む共済等の医療タイプは加わっておきます。

公的制度も思い出します。仮に100万かかったら、普通30万で済みますが、オーバー分が返ってくる高額療養を使えば、20万が該当額に相当した場合に、自腹はたった10万となります。

受け皿は保険会社だけでは無いのを知ったうえ、本当に必要なプランだけに入ります。

京葉銀行のカードローンの詳細説明

京葉銀行のカードローンは、いわゆる少額融資のサービスが充実しています。利用限度額が30万から300万円の間ならば何度でも借入することができます。もちろん、借入をするときの審査に関しては収入や職業によって限度額や審査の内容そのものが多少異なることになるためその点に関してはきちんと精査しなくてはいけません。
申込に関しては、インターネットやFAXでまず仮の申込をすることになります。申込が終わると京葉銀行または京葉銀行が提携している保証会社から電話がかかってくることになるためその電話に出ましょう。
仮の審査に関する電話の結果を聞いた後は、そのまま正式な申込手続きをすることになります。京葉銀行のカードローンが他の銀行と少し違うところは、正式な申込をする時には必ず来店をする必要があるということです。来店をするときには必要な処理を持参して出向く必要があるため忘れないように気をつけなくてはいけません。
来店して無事にカードローンの契約を終えた後は、自宅に郵送でカードが届けられることになります。届けられたカードは京葉銀行と提携している銀行やATMで自由に使うことが出来るため、限度額の中で自由に使うことが可能です。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
リンク集